トップ / ロレックスのオーバーホールに最適な時期

オーバーホールに出す

ロレックスのオーバーホールに最適な時期

ロレックスのオーバーホールに最適な時期は

それでは、ロレックスのオーバーホールに最適な時期は、購入してから何年目になるのでしょうか?
また、定期的に行うべきオーバーホールは、どのくらいの頻度で行うと不具合を避けられる可能性が高いのでしょうか。

まず、購入してから最初のオーバーホールは、少し早めに3年目を迎えた段階で実行することが理想です。
その理由は、新品の時計の内側には、製造時の微小なほこりや、微小な金属片(バリ)などが残っているといわれています。そして、購入直後の数年が1番、パーツの磨耗による金属粉などが出やすく、潤滑油の劣化も早いからです。
精巧な時計ムーブメントだからこそ、このような極小の金属くずの影響を受けるといえます。

そして2回目以降のオーバーホールについては、日本ロレックスの見解では、「3~4年ぐらいのサイクルでオーバーホールが必要」とのことのようです。
ロレックスに限らず機械式時計を永く愛用するためには、このくらいの頻度でのオーバーホールを行っておくことが安心して使い続けるためには必要だといえます。。
オーバーホールをしないまま使い続けていても、すぐ故障が起きるようなロレックスではありませんが、やはり精密機械ということを思い起こせば、車同様に定期的なメンテナンスが必要でしょう。
このような定期的なメンテナンス、オーバーホールをおろそかにしていると、高額な修理代金が必要となる深刻なトラブルや、最悪の場合、使えなくなってしまこともあり得ます。

このように定期的なオーバーホールは、深刻な故障を未然に防ぐ役割があります。大切な時計を長く愛用して、そしていつか子供に譲るためにも定期的なオーバーホールは徹底したいですね。